Travel note

Mashiko, a folkcraft pottery village

SONY DSC

Mashiko

Mashiko in Tochigi prefecture, this small village are known for one of folkcraft pottary villages in Japan and this specific pottery style in there are called as Mashiko-yaki.

DSC02551_1.jpg

I started this trip straightly from Narita international airport. But the problem is that transport links in Narita are really inconvenient except the way to Tokyo. My flight arrived at Narita already past 3 pm and I found a cheap hotel in a small town Shimodate on the way to Mashiko. So I changed train 4 times to there. The golden sunset reflected in many rice fields filled with water when last train was going to the terminal. It was a beautiful time and I do like watching the passing scenery from train’s window in a trip on my own.

Next morning, I took a small private train almost no one riding. Because of the weekday, it was quite comfortable there was only me like a real private train!

SONY DSC
Some sketches in Mashiko Sankokan Museum in my note book

Mashiko was a lovely small village. Firstly I walked to Mashiko Sankokan Museum. There was a just beautiful and silent place and I really love it. I spent a great time for just relax and also sketched many places. Then I visited to some potters and found my favorites. A very kind potter showed me their working places and climbing kiln.

It was a leisurely trip and I slept well on the bas. I felt very strange feeling when I awoke from deep sleep and our bus arrived at a crazy town Akihabara in Tokyo. It was like a dream and can’t believe the bus connects directly from Akihabara to Mashiko.

This slideshow requires JavaScript.

How to get to the pottery village Mashiko from Tokyo?

— It’s so easy! You just ride on Kanto pottery liner from Akihabara station.

The top photo, this style is so Mashiko style pottery. I found it at a potter “Daisei-gama“. Staffs are friendly and they explained to me well about their work!!
東京へ戻る途中に、前から行ってみたいなぁと思いつつ行けていなかった益子へ。 行きは成田空港から直行したため、4度電車を乗り換えて下館という関東電鐵の終点駅へ。ここで一泊し、翌日に真岡鉄道で益子を目指します。
今回、初めての北関東で色々と新鮮でした。車内のアナウンスで「次は下妻ー」と流れると、もしかしてあの映画の…?と少し驚いたり、下館駅裏にまさかのFORUSを発見したり。そして宿泊したホテルで、この辺お勧めの食事処を聞き、老舗のもんじゃ&お好み焼きのお店を紹介され行ってみると、まさかの自分で作るセルフだったり。人生初のひとり鉄板を体験しました。早い時間でお客さんが疎らだったのは幸いだけど、さびしー・・・
翌朝は早めに宿をたち、真岡鉄道で益子へ。平日で誰もいないガランとした電車に揺られ、田んぼの中を通り抜けて益子駅に到着。駅からしばらく歩き、まずは「濱田庄司記念  益子参考館」へ。天気も良く新緑のもりもりとした緑が美しく、人も居なくて、なんだかとってもゆったりできました。喫茶室では、世界中から集めたとっても素敵な机や椅子が並び、自分のお気に入りの家具でお茶ができます。刺繍で作られたコースターや添えられたお茶菓子も嬉しく、静かで良い場所でした。窓辺に飾られた小さな益子焼の花瓶が景色とよく馴染んでいて素敵だった。
そこから手打ちお蕎麦屋さんでお昼ご飯を頂き、さらに歩いてstarnetさんへ。モノの見せ方がおもしろく、おやつに小さなクッキーを。そして色々な窯元のお店を歩いてまわりました。中でも大誠窯さんの器は、参考館で見た益子焼らしい器で、悩んだ末に一目ぼれしたお花形の鉢を一枚持ち帰ることに。お店のスタッフの方が親切で、色々と見学をしながら焼き物の手順や仕事場を案内してくれました。ちょうど窯を開いた後で、灰の香りがうっすらと漂う中、職人さんが平たく長い板に沢山の器を乗せて窯から運ぶ姿が印象的でした。真四角の窓と作業場も、まさに参考館で見た作陶場と同じ! そこで、秋葉原からの直通バス「関東やきものライナー」があることや、濱田庄司さんが直々にお店の名前を考案された器のお店「民芸店ましこ」さんをお勧めしてもらい、最後にそのお店へ。小さなお店で、お店の方もきさくで柔らかく、美味しいお茶を頂きました。そこに、参考館でも見かけた益子の月間新聞「ましこのね」の最新号(5月)が!私が益子へと向かう電車からみた景色や、きれいな草花だなぁと思った植物など、イベント情報だけでなく、その季節の村の景色やいきものを紹介している新聞で、参考館でアイスコーヒーを飲みながら「よくできてるなぁ」と思って読んでいました。なんと奥様が編集者のひとりだそう!

SONY DSC

季節によって移ろいゆく風景や、木々や植物、いきもの、古くからの文化など、地元の人もためになる新聞。そして、読みながら少し吹き出しそうになった英会話のコーナーのことをお店の旦那さんに伝えると、なんとそのイラストを描いている方でした!味わいあるタッチが、さらに笑いを誘う。「だっぺよ!」いいなぁ。

SONY DSC

そんなこんなで、色々な出会いが楽しい旅となりました♪ あの、おおらかでのんびりとした益子と東京の秋葉原が直通で繋がってるなんて、信じられない!バスがラッシュアワーの秋葉原駅前に着いたときは、とっても不思議な気持ちになりました。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s