“Dogville” a theatre workshop

SONY DSC

Last Tuesday, I went to see a play. The story is based on a Danish avant-garde drama film “Dogville“on 2003.

The venue was a huge machine hall for engineering. Participants in this theatre workshop were students of local university and secondary school and they prepared it since the end of last year. (I thought they are members of a theatrical company because they acted very well!) The huge machine hall was portrayed as a small village and they acted all over there. It was great dramatic production and I was so thrilled.

SONY DSC

知人のチェコ出身の女性が演劇に参加するということで観に行ってきました。初めてのドイツの演劇。(セリフはもちろん全てドイツ語でほぼ分からないので大体のストーリーは予習して行きました。)会場は巨大な機械が雑然と並ぶ天井の高いホールで、普段は機械工学を学ぶための施設として使われている場所です。ストーリーは2003年の映画「ドッグヴィル」から作られていて、ステージはひとつの固定された場所ではなく、雑然と大きな機械が並ぶ倉庫のような場所全体が一つの貧しい小さな村として表現されています。演技は会場全体を使った様々な場所で展開され、ずーっと張り詰めた緊張感が漂う素晴らしい劇でした。
話は変わりますが、そういえば最近だいぶ日が長くなりました。陽が沈むのが何と夜10時位で、11時でもほのかに空は青く、白夜とまではいかないけれど少し不思議な気持ちになります。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s